スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
マツから見たチョパオ園長  Part2
2011 / 06 / 16 ( Thu )

こんにちは、マツです。

本日は「マツから見たチョパオ園長」シリーズPart2です。
良かった、ちゃんと連載になりそうです(笑)

※「しつけ教室を探している」、でも「ここのトレーナーって
どんな人?」と気になっている方のご参考になればと思います



Part2のテーマは【気さくな人柄】


初対面のお客様ともお友達のように話せるチョパオ園長。
あ、決して馴れ馴れしいということではありません。

いくつかのしつけ教室に通われたことのある方ならお分かりになると思いますが、犬のしつけと言うのは飼い主さんとトレーナーの相性が合わなければなかなかうまくいきません。

・「あの先生には怖くて質問が出来ない」
・「常に見下されている気がする…」
・「ダメ出しばっかりでヤル気がわかない」

↑↑↑
実際、私が会ったことのあるトレーナーさんや訓練士さんってこんなイメージの方が多いです
トレーナー相手にこんな感情を抱いていれば、同じ目標に向かって共に歩んでいくことなんて到底無理ですよね。


【飼い主さんと同じ目線で愛犬の悩みを見ている】からこそ、チョパオ園長と飼い主さんとの距離がグッと近くなっているように思います。
中には愛犬の悩みから外れて、人生相談までしていく飼い主さんもいらっしゃるほどですから

「同じ目線って…そんなの当たり前のことなんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、残念ながら全てのトレーナーに当てはまるわけではありません。


おっと、長くなってしまいました。
続きはPart3に書きたいと思います!
スポンサーサイト
22 : 12 : 49 | スタッフ紹介 | コメント(0) | page top↑
<<本日のナーサリー 6/17 | ホーム | 本日のデイ預り&ホテル 6/11>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

カスタム検索
| ホーム |
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。